婚約指輪の素材として大人気のダイヤモンド

人生の節目には、素敵な「ダイヤモンド」

透き通った中に気品のある輝きを放つ「ダイヤモンド」。女性の中には「一度は身に着けてみたい」と思う方が多くいるのではないでしょうか?
結婚指輪として、男性からプレゼントする事もよくある話ですね。
さて、そんな素敵なダイヤモンドですが、高級な物だと数億円するものからテレビショッピングで販売している数万円の物までありますよね。
ではその値段の差は一体どこに理由があるのかご存知でしょうか?意外と知られておりませんが、ブランド物もノーブランドの物もダイヤモンドに変わりありません。
要するに、ダイヤモンドを選ぶ「目利き力」さえあれば「本当に良いもの」を手に入れる事ができます。
ブランド物は、他人から見られた時にステータスをアピールできますが、いちいち人に「そのダイヤモンドどこのブランドですか?」と聞かれない限りは、わからないものです。そんなブランドにこだわらないあなたに、ダイヤモンドの選び方を伝授します。

「価値のあるダイヤモンド」を選ぶための基礎知識

いつまでも「価値のある良いダイヤモンド」を手に入れるには、どういった視点で選ぶべきかをご説明します。
ダイヤモンドはそもそもどんな流れで値段がつけられるのでしょうか。
それは、ずばり「色・透明度・形」の3つでほとんど決まります。
鑑定士の方が「これはなかなか良い色だ、良い形だ」と言えば、価値が上がります。まず「色」については、無色・淡い黄色・黄色の大きく3つに分けられます。もちろん、無色の方が良いものです。「透明度」も同じように、内部に傷や不純物が入っているかどうかでランク分けされます。最後に「形」ですが、ご存知の通りダイヤモンドは世界一硬いと言われています。その分、加工がとても難しいという事です。
出来るだけ原石の状態に近い形にカットしていきます。
今回の記事は、ダイヤモンドの良さを知る第一歩の基礎知識です。あとは、よく店員さんに聞く事をオススメします。大事な人にプレゼントするとしても、自分の為に買うにしても「ダイヤモンドの良さを人に説明できる事」が大事です。あなたも「価値のあるダイヤモンド」を手に入れて一生の宝物にしましょう!

© Copyright Diamond Guide. All Rights Reserved.